お客様の導入事例-モバイルチケットソリューション-

札幌ドーム チケットレスサービス らくスルー 受け取りかんたん!スマホひとつで楽々入場!

「北海道日本ハムファイターズ」と「コンサドーレ札幌」の本拠地であり、さまざまなイベントなどが行われる札幌ドームを管理運営する株式会社札幌ドーム様に、「らくスルー」として導入されたモバイルチケットソリューションの事例をご紹介します。

チケットレスサービス「らくスルー」

札幌ドーム チケットレスサービス らくスルー

このサービスは、Webでチケットを購入する際に、お持ちの携帯電話やスマートフォンで電子的なチケットを受け取ることで、お客様自身の携帯電話をチケットとしてご利用できるようになり、紙のチケットなしに入場できるサービスです。チケットの受け取り方法が簡便化され、受け取るまでのリードタイムも短縮、チケット忘れの可能性を低減、オークション等による転売を防止、などのメリットがあり、お客様がお持ちの携帯電話で便利に野球観戦などのイベントをお楽しみいただけます。

おサイフケータイ入場が導入された背景

同社が提供するチケットレスサービス「らくスルー」では以前より QR コードを機械で読み込む形で行われており、多くの来場者が利用するまでに浸透しています。

しかし…

入場時に QR コードを呼び出したり、予めパソコンの画面をプリントアウトしたりといった手間が掛かっていました。

おサイフケータイ入場の採用によって

Webでチケットを購入する際に、お持ちの携帯電話やスマートフォンで、ワンタッチでらくらく入場できるようになりました

チケットの事前
受け取りが簡便化

チケットの受け取り方法が簡便化され、受け取るまでのリードタイムも短縮

ワンタッチで
らくらく入場

お客様の携帯電話をチケットとしてご利用、チケット忘れも低減します

オークションによる
転売の防止

オークション等による転売を防止などのメリットも

お客様視点でのサービスの流れ

  1. 01Webでチケット購入

    携帯電話から「らくスルー」Webサイトにアクセスし、チケットを購入します。

  2. 02購入完了メールを受信

    Webでのチケット購入手続き完了後、受取登録した携帯電話のメールアドレスに「チケット購入手続き完了のご案内」メールが届きます。

  3. 03ゲートでスムーズに入場

    受取登録した携帯電話を札幌ドームに持参します。
    ゲートでPiっとかざしてらくらく入場!

ケータイの充電が切れてしまったら?

受付番号および電話番号がわかれば、館内に設置されている事前発券機にて紙チケットを発券することが可能です!

バックヤード作業も簡略化し顧客満足も向上

入場スピードの向上&
オペミスの削減

非接触認証によるもぎりスピード向上と目視によるもぎりの間違いを軽減

入場履歴を
把握することができる!

適切な入場ゲート設計および現場対応人員の適切な配置および効率化が可能

ソリューション導入までの流れ

ご契約前

  1. サービス概要説明・要件確認対象イベントや会場などの運用ヒアリング
  2. サービス利用申込
  3. 認証端末利用申込

ご契約後

  1. ドキュメントご提供運用ガイドラインや各種マニュアルのご提示
  2. 公演登録申込/登録情報確認
  3. (チケット販売サイト開発)
  4. チケット販売サイトでの販売実施
  5. イベント会場での設営認証端末設置・ネットワークの構築など
  6. イベント当日の入場認証実施
  7. 運用

※上記は一例です。興行形態や運用形態により変動する場合があります。

便利な無料のご相談サービスをご利用ください

導入をご検討のお客様はこちら

このページの上部へ