トップ > 会社案内 > 採用情報 > フェリカネットワークスの仕事と人 > ファームウェア開発エンジニア 諸星 ゆき

フェリカネットワークスの仕事と人

諸星 ゆき

諸星 ゆき

2005年入社。入社以来、ほぼ一貫してファームウェア開発におけるプロジェクトマネジメントを担当する。ファームウェアは開発期間が長いため、現在取り組むのは通算3つ目となるプロジェクト。
また、開発プロジェクトマネジメントと並行して、ファームウェアのセキュリティの認証取得を担当。現在、国内でも最高レベルとなる国際標準規格の認証取得を進めている。

諸星 ゆき

品質と性能。2つの要求を高次元で融合させる開発

諸星 ゆきの写真

「モバイルFeliCa ICチップ」は、お金に関わる情報を扱うために高度なセキュリティが求められます。高速の処理能力も重要で、通勤ラッシュ時の駅の改札でもスムーズに利用できなければなりません。また、このICチップには、処理の途中で電力供給範囲から外れてしまった場合、自動的にデータを元に戻すといった独自の機能も搭載されています。つまり、品質と性能。この2つを高次元で両立させることが開発での難しさであり、その品質と性能の基盤となる機能を担うのがファームウェアです。
私は入社以来、このファームウェアの開発に携わっています。ハードウェアの動作に直接関わるソフトウェアで、いわばOS(オペレーション・システム)と同じような役割を果たすもの。スマートフォンに搭載されるOSは比較的高い頻度でバージョンアップされますが、「モバイルFeliCa ICチップ」の場合、ひとたびモバイル端末に組み込まれてしまうと容易にバージョンアップはできません。したがって、ファームウェアの開発では、不具合の可能性を徹底的に洗い出さなければなりません。仕様検討や評価テスト、セキュリティ対策に時間をかけるため、開発期間が長いということも特徴の一つですね。私は入社10年目ですが、現在の開発も含めて経験したプロジェクトは3つ。ファームウェア開発は、2〜3年の歳月を要する大規模なプロジェクトなのです。

「おサイフケータイ」の根幹に関わるプロジェクトで自分を磨く

このファームウェアの開発で、私はプロジェクトマネージャーを担当しています。プロジェクトには40人のエンジニアが参加しており、大きく仕様・開発・評価 の3つのチームに分かれています。
プロジェクトを統括するリーダーや仕様・開発・評価の各チームの責任者と密に連携を図りながら、スケジュール管理や障害管理、そのための調整など同じベクトルのもと目標に向かってプロジェクトを円滑にコントロールしていくことが私の役割です。
さらに、この開発プロジェクトマネジメントと並行して、私はファームウェアのセキュリティ認証に関わる業務も担当しています。これは、国内でも最高レベルの国際標準規格の認証取得をめざすもの。私たちが追求しているハイレベルのセキュリティを客観的な評価によって提示し、お客さまに安心して利用していただくための取り組みです。国際的な認証取得のためには、設計や評価の進め方などまで踏み込んだ業務の改善が必要となります。ソフトウェア開発における深い知識だけでなく、障害対策の考え方などさらに新しい知識を学ぶことができ、ファームウェア開発のプロジェクトマネジメントにも生かしていける。社会に必要不可欠なインフラとなった「おサイフケータイ」の根幹となる品質と性能に関わることで、自分自身が磨かれている手応えがありますね。

諸星 ゆきの写真

諸星 ゆきの写真

意欲とアイデアを持った女性エンジニアの挑戦に応えられる会社

フェリカネットワークスはその事業の社会的責任やフィールドの大きさに比べ、今は比較的コンパクトな組織でさまざまなことを実現しています。それはつまり、私のようにプロジェクトを複数こなすなど、男女に関係なく若いうちから責任のある仕事を任され、高いレベルの技術開発にチャレンジできるということ。それがフェリカネットワークスの最大の魅力ですね。
実は私は育児休業制度を利用して休職し、2014年4月に復職しました。休職やその後の復帰については、事前に上司と何度も話し合っており、休むことに不安は感じていませんでした。上司や仲間から復帰を望まれ、グローバルでのセキュリティ認証取得など、より大きな舞台でスキルを磨く機会も待っている。エンジニアとして本当に充実した環境だと思います。
それに「モバイルFeliCa ICチップ」をさらに広めていくためには、女性の視点からの発想が不可欠。スーパーでの買い物など暮らしに身近なシーンでの利用も増えてくるでしょうし、たとえば「おサイフケータイ」で子どもにお小遣いをあげるといった女性ならではのアイデアも重要です。意欲とアイデアを持った数多くの女性エンジニアたちの挑戦に期待したいですし、その挑戦に応えられる会社だと思いますね。

後藤 隼弐 プロジェクトリーダーとして、次世代のミドルウェア開発に挑む

ミドルウェア開発エンジニア
後藤 隼弐
情報科学研究科専攻
所属:開発1部
入社4年目
(2015年4月現在)

諸星 ゆき 品質と性能を支える開発プロジェクトをマネジメントする醍醐味

ファームウェア開発エンジニア
諸星 ゆき
人間文化研究科情報科学専攻
所属:開発2部
入社10年目
(2015年4月現在)